【あけましておめでとうございます!】

新年おめでとうございます! 初心者大歓迎の《古美術専門オークションサイト》サムライオークションです。

2019年は、生まれたばかりのよちよち歩きの赤ん坊。2020年は、なんとか思春期あたり、あれこれと壁にぶつかりながらも試行錯誤を繰り返して成長を続ける、そんな1年にしていきたいと思っております。

スタッフ一同、前身あるのみ、粉骨砕身してよりよいサイト運営を行ってまいりますので、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、縁起の良い初夢と言えば、一富士二鷹三茄子。古くから信仰の対象となり、日本人にとって特別な意味を持っている富士山は、芸術家にとっても格好のモチーフです。

『大観と言えば富士山』と言われるほど、多くの富士山を描いたのが日本画の巨匠横山大観(1868〜1958年)。富士山を描いた作品は2000点を超えるともいわれています。多作であり、独特のタッチながら模倣しやすく、贋物も多い作家ですが、鑑定の結果真筆と判断された作品には、〈大観番号〉という番号がふられています。

東京都台東区には、大観が生前住んでいた居宅を改装して建てられた〈横山大観記念館〉があります。

⇒横山大観記念館
http://taikan.tokyo/

サムライオークションのオフィスがある、JR新御徒町駅の近くです。新年は、横山大観の描いた富士山を眺めながら、おめでたい気分に浸るのも一興と思います。

サムライオークションは、今年も古美術ファンの楽しみを倍増できるサイト運営を目指していきます! 本年もどうぞご贔屓に!!

【2019年、ご利用いただきありがとうございました!!】

こんにちは! 骨董・古美術ファンの味方《古美術専門オークションサイト》サムライオークションです。

今年も残すところあと数日になってまいりました。今週末からお休みに入る方も多いと思います。皆さま、今年も1年間お疲れさまでした。

そして、今年の夏場より本格稼働しました当サイト、サムライオークション。アクセス・ご利用いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

正直に申し上げれば、まだまだ納得のいく運用はできておりません。そもそも、まだ〈サムライオークション〉のサイト自体がほとんど認知されていません。作品のご紹介・ご提供を含め、骨董・古美術ファンの皆さまに楽しんでいただけるコンテンツも圧倒的に不足しています。

骨董・古美術品という特性もあり、一朝一夕で多くの皆さまにご利用いただけるなどという甘い考えは持っておりません。安心感・信頼感は、少しずつ時間をかけて醸成されていくということは、しっかり認識しております。

〈サムライオークション〉は、骨董・古美術ファンの皆さまが集い、楽しく安心して情報交換ができ、それぞれの方にとって価値のある作品と出会えて、アートファンの裾野が広がっていく、そんなサイトとなる事を目指しています。

まずは、より多くの皆さまに知っていただくこと、アクセスしていただくこと、そのために魅力的な骨董・古美術作品を公開していただけるよう、しっかりと地道に努力してまいります。

来年もどうぞご贔屓に、そして良いお年をお迎えください〜!

【映画『アートのお値段』が面白かった】

こんにちは!《古美術専門のオークションサイト》サムライオークションです。

11月、渋谷のユーロスペースで『アートのお値段』という映画を観ました。ジェフ・クーンズ、ゲルハルト・リヒター、ジョージ・コンド、ラリー・プーンズなど、現代美術のビッグネームのほか、サザビーズやクリスティーズなどのトップオークショニア、美術評論家やキュレーター、ギャラリスト、そしてコレクターとオールスターキャストが登場する現代アート業界のドキュメンタリー映画です。

それぞれがかなり本音で語っており、とても刺激的でした。最もショックを受けたのは、過去クリスティーズにも在籍していた現フィリップス会長であるエド・ドルマンの発言。過去の作品は増えることがなく、市場が広がらないとわかった時、市場を広げるために現代アートに着目し、オークションが現代アート市場を作り出したんだ、という発言。それを裏付けるような事実が有力者達の口から次々と語られていきました。

現代アート市場への真摯な批評であり、美術オークションという存在の一面を正確に描いていると思います。アートとは何かを考えてしまう映画でとても勉強になります。まだご覧になっていないアートファンの方は、機会があればぜひご覧ください。 サムライオークションは、日本の古美術市場を健全で開かれた楽しい場所にしていくこと目指しています!

【開設記念キャンペーン! ご利用になりましたか?】

こんにちは! プロ御用達の《古美術専門オークションサイト》サムライオークションです。

サムライオークションでは、9月7日(土)から、2020年2月末日までの6ヶ月間、落札手数料を無料にする【開設記念キャンペーン】を実施しています!

通常は出品者の皆さんから、落札価格の【2.16%】いただいている販売手数料を、半年間無料にするというキャンペーンです。

どう考えてもおトクじゃないですか?!

サムライオークションは、ファンの皆さまに骨董・古美術品を楽しんでいただくために、質の良い魅力的な、そして夢のある作品がサイトへ多数出品されることを願っています。

そしてサイトを訪れた方が、多くの作品を見て、比較して、自らの美意識に合う、自分が美しいと思う作品と出会えること、それがサムライオークションのミッションです。

サムライオークションでは、出品いただいた商品の落札が決まった場合、ユーザーの皆さんの売買取引に対するサポートサービスをご提供いたしますが、それに関わるサムライオークションの手数料は、キャンペーン期間中は一切必要ありません。半年間という期間限定ではありますが、オークションサイトの無料開放となります。

古物商の皆さまには、まずはサムライオークションへご登録・ご出品いただき、サムライオークションのサービスをお試しいただきたいと思います。

仕入れた商品のマーケティングツールとして、あるいはネット販売とはどんなものかというお試しツールとして、サムライオークションはただ今ノーコストですから、お気軽にスタートできると思います。

また、プロの骨董・古美術事業者様以外でも、趣味でコツコツとお品を蒐集している個人の方も、古物商免許をお持ちでしたら、この機会にぜひサムライオークションをご活用ください。これからもどうぞご贔屓に!

【旅するサムライオークション!】

こんにちは! 初心者大歓迎の《古美術専門オークションサイト》サムライオークションです。

サムライオークションでは、皆さまにサイトを楽しくご活用いただくために、スタッフ自らも全国におもむき、骨董・古美術の入札市場におうかがいしています。お手頃で素敵な骨董・古美術品を自ら仕入れて、公開させていただくこともありますが、入札市場への参加はスタッフの目利き力を養う意味合いもあります。 

当オークションでは、より幅広く良い品を取り扱いと考えています。ネットオークションなので、基本的には皆さんに自由に作品を公開していただき、最適なマッチングでお取引が成立するまで、あらゆるサポートを行うのがメインの仕事なのですが、さまざまなトラブルを未然に防ぐために、サイト運営スタッフとしても目利き力が必要になってきます。

また、古美術市場の動向をリサーチする必要もあります。骨董・古美術の入札市場は、いわば古美術にかかわるプロの集まり。具体的な情報交換や、単に高値がつく出品の傾向を見るだけでも、どのような分野のどの作家の作品にニーズがあるのか、ネットを先取りする生の情報がそこにあります。

サムライオークションでは、骨董・古美術商の皆さんが出品しやすいよう、サイトのユーザー・インターフェイスを改善していくとともに、古美術市場の情報提供や古美術ファインの皆さまに向けた、古美術トレンド情報など、今後もコンテンツを充実させていきたいと考えています。

骨董・古美術商の皆さま、そして古美術ファンの皆さま、サムライオークションは、皆さんと共に成長していくサイトです。

今後もサムライオークションに、ぜひご期待ください!

【『見立てるチカラ』から暮らしの豊かさが生まれる】

こんにちは!《古美術専門オークションサイト》サムライオークションです。

私たちは「あの人はセンスが良い」、「彼にはセンスがある」という言い方をよくします。

この「センスとは、何でしょうか? ファッション・ビジネス・料理など何にでも使われますよね。解釈はさまざまあると思いますが、古美術専門サイトのサムライオークションらしく、ここでは骨董・古美術分野でのセンスについて考えてみます

これは、ズバリ『見立てるチカラ』と言えるのではないでしょうか?

『見立て』とは、辞書的に言えば、

《見てよしあしを決めること、選定すること、診断、趣向、思いつき、ある物を別のものと仮にみなして表現すること、なぞらえること》(三省堂 大辞林)です。

これはシンプルに『市場に出品されている作品を見て、よしあしを決める』能力とも結びつけられますが、ここでは『なぞらえる』チカラとして置き換えてみます。

例えば、備前焼の湯呑茶碗を花器に見立てて、花を飾って楽しむ…。利休が竹を切ってそれを花器にした話は有名ですよね。

枯山水の庭園では、敷かれた小石に流れを作って水面を表し、大きな石を海に浮かぶ島に見立てて、広大な世界観を表現します。

桂離宮では池に赤松を植え、石橋とのつながりを天橋立に見立てたり…要は想像力ですね。陶器にしろ、竹細工にしろ、本来の役割とは別のものとして使えそう、別のものに見立てたら楽しいという発想から、暮らしの豊かさが生まれてくるのだと思います

サムライオークションでは、道具関連のオークション出品、大募集中です!  道具に強い古物商の皆さん、ぜひサムライオークションをご活用ください。

【五感を使って全身で、その季節と瞬間を味わう『茶道』】

こんにちは!《古美術専門オークションサイト》サムライオークションです。

2018年に公開された映画『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』。お茶の先生に樹木希林、生徒役に黒木華と多部未華子が登場する、実に味わい深い作品です。

舞台となるお茶の教室には、床の間に毎回、その日の趣向に合わせた掛軸がかけられています。

主人公の二人が初めて茶道教室へ訪れた日には、『薫風自南来(くんぷうみなみよりきたる)』。新緑の季節に、若い二人が風のように入って来るのに合わせて、かけておいたと先生が説明します。

また主人公の就職祈願のためには、達磨画。ご存知のとおり、達磨には七転び八起きの意味があり、無業息災や家内安全など、何かを祈願する縁起物となっています。

この他にも、『清流無間断(せいりゅうかんだんなし)』『聴雨(ちょうう)』『掬水月在手(みずをすくえばつきてにあり)』など、禅語の数々が装丁の異なる掛軸とともに登場し、そのシチュエーションと意味合いの絶妙さにうなずくばかりです。

掛軸だけではなく、季節を感じさせる絵柄が施された茶道具も頻繁に登場し、お茶の楽しみ方と同時に、日本文化特有の遊び心を再認識することができ、骨董・古美術の魅力についても、改めて感じることができました。

サムライオークションでは、白隠慧鶴(はくいん・えかく/1686〜1769年)による、達磨画のお取り扱いもございます。 今後は茶道具についても、積極的に取り扱っていこうと考えておりますので、お取り扱いの多い古物商の皆さまには、ぜひ積極的に作品のご登録、または、お問い合わせなど、どうぞよろしくお願いいたします。

【出品者拡大キャンペーン開催決定!!】

こんにちは! 初心者大歓迎の《古美術専門オークションサイトサムライオークションです。

突然ですが、サムライオークションから発表があります! 

サムライオークションでは、来たる9月7日(土)から、2020年2月末日までの6ヶ月間、落札手数料を無料にいたします!

サムライオークションは、商品を落札(購入)する皆さんには、もともと利用料・手数料は必要ありません! ゼロです。ひやかし閲覧、大歓迎です。

今回は、通常は出品者の皆さんから落札価格の【2.16%】いただいている販売手数料を半年間無料にするというものです。

嘘偽りはございません。

出品いただいた商品の落札が決まった場合、通常どおりユーザーの皆さんの売買取引に対するサポートサービスはご提供いたしますが、それに関わるサムライオークションの手数料は、一切合切かかりません。

これは、ともかくまずは古物商の方に、サムライオークションへ登録・出品していただき、サムライオークションのサービスをお試しいただいて、安心便利なサポートサービスを実感していただきたいからです。

半年間という期間限定ではありますが、オークションサイトの無料開放となります。

本格的に骨董・古美術品をお取り扱っているプロの事業者様をはじめ、古物商免許をお持ちで趣味の延長でコツコツと好みのお品を蒐集している個人の方まで、この機会にぜひサムライオークションをご活用ください。

ノーコスト、ノーリスクで、テストマーケティングにも最適です

【日本の古美術マーケットを盛り上げたい!】

こんにちは! サムライオークションです。

今日は、サムライオークションの利用料についてご紹介したいと思います。

まず、掲載商品を落札(購入)する皆さんには、利用料・手数料は全く必要ありません! ゼロです。ひやかし閲覧のみ大歓迎です。

そして、出品者の皆さんの販売手数料ですが、なんと落札価格の【2.16%】!! もう利益度外視のお得さ…誰も褒めてくれないので自画自賛します(^_^;)

ネットで完結する古美術専門のオークションサイトというのは、今のところ他に見つからなかったため、ヤフーオークション、メルカリと販売手数料を比べてみましょう。

〈メルカリ〉→→販売価格の10%

〈ヤフオク〉→→販売価格の8.64%(プレミアム会員・非会員は10%)

いかがでしょうか? いかにお得かご理解いただけたかと思います。

この落札価格の【2.16%】の販売手数料以外は、費用は一切かかりません。登録していただく骨董商の方に対しても、月額の利用料などはいただきません。それではなぜ、こんなに安い設定なのでしょうか。

それは、ひとえに日本の古美術マーケットをもっと盛り上げたい! というサムライオークションの心意気だけなんです。

ただ、ひとつ確信もあります。それは、これからの世の中で、古美術を含めたアートマーケットは拡大していく、ということです。

労働の生産性が叫ばれ、AIテクノロジーが社会の隅々まで浸透した時、人は何に楽しみを見出し、時間やお金を何に対してつかっていくのでしょうか。

その一つの答えがテクノロジーに代替できないもの、つまりアートだと考えています。 今日は、サムライオークションの利用料についてお伝えしました! 

【骨董・古美術の世界で最も大切なもの、それは“信用”です!】

こんにちは! サムライオークションです。

ビギナー大歓迎の古美術オークション市場、サムライオークションですが、運営しているのは、株式会社NFA(エヌ・エフ・エー)という保険会社(コンサルティング・代理業)です

なぜこんなお話をするかといえば、サムライオークションユーザーの皆さんに安心してサイトをご利用いただきたいから。

奥深いがゆえに、魑魅魍魎なブローカーの存在も否定できない骨董・美術品の世界において、最も大切なのは信用なんです。

生命保険も損害保険も、金融商品。なので、保険商品を取り扱う事業者を管理しているのはお役所の中のお役所、財務省(金融庁)です。その登録審査を経ないとビジネスをすることはできません。そのお墨付をいただいているということで、ご評価いただければ幸いです。

さてさて、サムライオークションは、古美術品を取り扱うWEBサイトとしては新参者。そして、ネット上だけで入札・落札まで完結するアート系専門のオークションサイトとしては先駆者! まさにパイオニアであり、チャレンジャーです。

そのため、ユーザーの皆さまの声を積極的に取り入れて、古美術マーケットが盛り上がるような新しい試みに挑戦しながら、コレクションやコンテンツの充実を図ってまいります。 これからもどうぞご贔屓に!