【世界最大の絵画、慈善オークションで67億円!】

こんにちは! 初心者大歓迎の《骨董・美術品専門のオークションサイト》サムライオークション、スタッフの利休です。

先日UAEのドバイでイギリス人アーティスト、サシャ・ジャフリさんの作品がチャリティー・オークションに出品され、6200万ドル(約67億円)で落札されました。作品名は『The Journey of Humanity(人類の旅)』。キャンバスに描かれた世界最大の絵画としてギネス認定されています。

作品の大きさは、1595.76㎡。ちょっとピンときませんが、使われている絵の具は約6300リットル。サッカーコート約2面、バスケットボールコートだと4面分に相当する広さのようです。当初は、70枚に分割して6つのオークションハウスに出品される予定だったそうですが、世界最大の絵画として1枚で出品した結果、予想の2倍の価格で落札。ドバイ在住で仮想通貨のビジネスを手掛けているフランス人実業家、アンドレ・アブドゥーヌさんが一括で購入したようです。

サシャ・ジャフリさんは作品制作を通じた慈善活動によって、既に6000万ドル以上の寄付金を集めているようで、この作品もUAEを拠点とする世界的な慈善団体と大手リゾートホテル、UAEの行政府とのコラボによって実現しています。世界中の貧しい地域に住んでいる子ども、新型コロナウィルスパンデミックの影響を受けている子どもたちの生活支援のために、売上金はユニセフやユネスコなどの団体に寄付されるそうです。 ジャフリさんの作品は、英国王室メンバーやオバマ元米国大統領、ジョージ・クルーニーなどのいわゆるセレブな人々がコレクションしているようです。長い年月を通じて涵養されてきた、欧米のチャリティー文化が背景にありますが、美術作品の持ちうる力として精神面の効用だけではなく、経済的な実践力も現実として持ちうるのだなあと改めて感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です